書籍販売

書籍一覧

過去の書籍

現代の偉人
今村隆起物語
『世の中に役立つものを
誰よりも先に作りたい』

郷土福岡の偉人たち

『100人の偉人』

100人の偉人

『殉職・宮本警部が
伝えたかったこと』

殉職・宮本警部が伝えたかったこと

『公教育を補う実践』
~小学生寺子屋塾と
フリースクール
『うりはみクラブ』~

「公教育を補う実践」~小学生寺子屋塾とフリースクール『うりはみクラブ』~

『我が家の家訓』
~会社de寺子屋
実践レポート~

我が家の家訓 ~「会社de寺子屋」実践レポート~

『お宮de寺子屋』
実践レポート

「お宮de寺子屋」実践レポート

現代の偉人伝
誠と勇気
『伏してぞ止まん
ぼく、宮本警部です』

現代の偉人伝 誠と勇気 伏してぞ止まん ぼく、宮本警部です

ご購入希望の方は、こちらよりお問い合わせ下さい。

和誠礼勇 「教育往復書簡」に導かれる日本一の小中一貫校開設事業

著者:山口秀範
発行所:産經新聞出版(2018/02発売)
定価:1,728(本体¥1,600)

多士済々の教育関係者が縦横無尽に語り合う
日本の義務教育のあるべき姿とは――

14年間の建設会社海外勤務を終えて久々に暮らす東京で著者が見たものは、毎朝出会う通学中の小中学生が一様に見せる、いかにもつまらなそうな顔つき、輝きを失ったまなざしだった。これに大きな衝撃を受けた著者は紆余曲折を経て、学校教育、とりわけ義務教育を刷新するしかないと確信するに至る――。

本書は、2009(平成21)年10月の産経新聞九州山口版発刊時から2年間連載された「教育往復書簡」を元に構成。九州エリアを中心とした教育関係者19名と著者との往復書簡形式での議論が繰り広げられている。また、著者の理想を具現化する日本一の小中一貫校「志明館」設立の経過と理念が語られる座談集も収載。日本の教育を考えるすべての人々に多くの示唆を与える一書である。

<目次>
【第1部】
教育往復書簡(幼児とその親を躾ける;本気の大人が子供・若者の心に火をつける;子供に感動を与える教師)
【第2部】
座談集(座談 連載2年を振り返って―教育を語る、恩師を語る;鼎談 小中一貫校「志明館」―発起人会幹事の思い;付録 「志明館」の理念と教育システム)

インターネットからのご購入はこちら

弊社へ直接ご注文頂きますと送料等が発生いたします。
書籍に関するお問い合わせ・ご感想などはこちらへお願いします。

和誠礼勇「教育往復書簡」に導かれる日本一の小中一貫校開設事業

名家の家訓 人生を開く「処世の言葉」

著者:山口秀範
発行所:三笠書房 知的生きかた文庫
定価:650円+税(税込702円)

名家の家訓には、私たちが仕事や学業を進める上でのヒントや、日々の暮らしを前向きに、心豊かなものとする処世の知恵があふれています。
「成功者の教え」にならい、人生の極意を見付けてみませんか。
一般書店でご購入できます。

インターネットからのご購入はこちら

弊社へ直接ご注文頂きますと送料等が発生いたします。
書籍に関するお問い合わせ・ご感想などはこちらへお願いします。

名家の家訓 人生を開く「処世の言葉」

郷土福岡の偉人たち

小中学生が難なく味わえるよう、文字を大きく、
語注も各ページの下に載せる工夫をしております。

今回は、
「出光佐三 ~日本人を励ました「人間尊重」の人」
「廣田弘毅~昭和日本の苦難を一身に引き受けた政治家」
「野中千代子~夫と共に富士山頂で気象観測に挑んだ女性」
「加藤司書とその周辺~幕末の筑前藩(平野国臣、黒田長溥、野村望東尼」

の4人を中心に取りあげております。

(頒価 800円)

ご購入希望の方は、こちらよりお問い合わせ下さい。

郷土福岡の偉人たち

日本の偉人100人

編著者:寺子屋モデル 発行所:致知出版社
定価:上下巻各1,944円(税込)

世のため人のために一所懸命に生きた人の行為と言葉は、
それがずっと昔のものでも、私たちの胸をうちます。
そういう言葉に、そういう偉人の人生に触れてみませんか。
一般書店でご購入できます。

インターネットからのご購入はこちら

弊社へ直接ご注文頂きますと送料が発生いたします。
書籍に関するお問い合わせ・ご感想などはこちらへお願いします。

日本の偉人100人

日本人として生きる~道徳の教科書

平成25年3月20日改訂
監修者:山口秀範・廣木寧 (頒価 1200円)

総論にはじまり、歴史上の偉人24名の生き方と言葉に触れた本格的な教科書です。初版本を改訂し、時代の偏りを調整するなど、更に充実した内容になりました。
平成23年度より、福岡市東区の博多高等学校で採用され、教科として導入されています。
どうぞ皆様も「道徳の教科書」を世に広めて下さい。

中身も一部ご覧下さい!

ご購入希望の方は、こちらよりお問い合わせ下さい。

日本人として生きる~道徳の教科書

寺子屋だより

寺子屋モデルの情報誌。
2ヶ月に1度刊行している冊子「寺子屋だより」では、寺子屋モデルが実践してきた内容の紹介をしています。
あちこちで展開される「偉人伝講座」を、寺子屋だより紙面上でもご覧になれます。 また、「寺子屋応援団」の方々からも寄稿いただき、それぞれのお立場・視点から「教育」「育児」「食育」についての声を寄せていただいています。

寺子屋だよりを送付希望の方は、こちらよりお問い合わせ下さい。

また、寺子屋だよりで取り上げてほしい題材テーマも募集しています。 皆さんのご意見やご感想もお寄せください

バックナンバー

平成30年10月号(No.75)

巻頭言 元号(年号)を知ろう山口 秀範
「社中だより」河野 悠介
偉人レポート「福澤諭吉」内山 慶子
我が社の志すもの藤井 章生
民間人から見た教育現場③小田村直昌
父寶邊正久覚書(最終回)寶邊矢太郎
私が出会いから学んできたこと、行なってきたこと②髙原 朗子
音楽家列伝⑳武澤 陽介
立派な父と不良の息子の物語③廣木  寧
TERAKOYAふぉとれぽーと
“あちこちde寺子屋”のご案内
「寺子屋の先生」養成講座 募集案内
歌碑のこころ(3) 編集余録・余録の余録

平成30年7月号(No.74)

巻頭言 『古事記』と『日本書紀』 山口 秀範
「社中だより」朝長  勇
偉人レポート「本田宗一郎」堂黒 正樹
我が社の志すもの藤新 成信
もう一度、生かされて(最終回)山本由紀子
民間人から見た教育現場②小田村直昌
出会いから学んできたこと、行なってきたこと①髙原 朗子
父寶邊正久覚書②寶邊矢太郎
立派な父と不良の息子の物語②廣木  寧
TERAKOYAふぉとれぽーと
“あちこちde寺子屋”のご案内
歌碑のこころ(3) 編集余録・余録の余録

平成30年4月号(No.73)

巻頭言 新刊二冊山口 秀範
偉人レポート「出光佐三」山田 愛
暴走する教育現場を体験して思う(最終回)猪部 敬彦
海外より観た日本(最終回)北川 文雄
もう一度、生かされて③山本 由紀子
民間人から見た教育現場①小田村 直昌
父寶邊正久覚書①寶邊 矢太郎
音楽家列伝⑲マヌエル・デ・ファリャ武澤 陽介
立派な父と不良の息子の物語①廣木 寧
TERAKOYAふぉとれぽーと
あちこちde寺子屋のご案内
歌碑のこころ(2) 編集余録・余録の余録

平成30年1月号(No.72)

巻頭言「謹賀新年」山口 秀範
「社中だより」武田 真理子
偉人レポート「南方熊楠」髙見澤 玉江
海外より観た日本③北川 文雄
暴走する教育現場を体験して思う⑧猪部 敬彦
誇りと志を抱く教育を求めて(最終回)武井 孝夫
もう一度、生かされて②山本 由紀子
音楽家列伝⑱ハインリヒ・シュッツ武澤 陽介
言葉に支えられて⑥廣木 寧
TERAKOYAふぉとれぽーと
あちこちde寺子屋のご案内
編集余録・余禄の余禄

平成29年10月号(No.71)

巻頭言「道徳教育の今後」山口 秀範
「寺子屋の先生」養成講座(第13期)を修了して星野 明子
偉人レポート「由利公正」宮川 貴文
海外より観た日本②北川 文雄
暴走する教育現場を体験して思う⑦猪部 敬彦
もう一度、生かされて①山本 由紀子
誇りと志を抱く教育を求めて③武井 孝夫
音楽家列伝⑰ウェーバー武澤 陽介
遠い人近い人⑥廣木 寧
皇室と私たち山口 秀範
TERAKOYAふぉとれぽーと
あちこちde寺子屋のご案内
編集余録・余禄の余禄
Copyright © 2014 Terakoya Model. All Rights Reserved.